しょもないコメントが頻繁で、残念ながら更新を終了しました。


by yukiko-casa-nuova
カレンダー

<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

こころに沁みる人形たち

昨日はひとり、四日市の市立博物館に「故郷からのおくりもの」という人形展を観に行ってきました。
先日、ネット検索でお邪魔したブログに、この展覧会のことが書いてあるのを読んで、私にしては珍しく即!行動したというわけです。

高橋まゆみさんの人形展には、3年前、松坂屋美術館で行われたときにも出かけました。
ちょうどTVCMで高橋さんのお人形が使われていて、田舎の風景に溶け込んだ人形達の豊かな表情に、とても惹きつけられたのです。

駅前から西へ歩いて数分、展示室の前では一体の人形が出迎えてくれました。
c0124776_635556.jpg

これだけは撮影可能だったの。思わず「人形目線」で撮ってみました。
なんだか本当にそこにいるような・・・写真ではちょっと伝わらないかもしれませんけどね。

展示室でも、まず立った視点から、そして人形目線にまでしゃがみこんでじっくりと。
特に、ジオラマのような展示をしている作品は、視点を下げると見え方がかなり変わって面白い。ちょっと他所のうちを覗き見しているような感じになります。

そして、人形の背中。
表情が背中にまで現れているんですよね・・・
一番それを感じたのが「父」という作品でした。
ちゃぶ台の前にひとり座って、一升瓶を傍らに酒を飲んでいる父親の姿の、背中の寂しさといったら・・・・・・

会場にあったDVDで、高橋さんご本人も、これからはより精神性の高いものを創りたいとおっしゃっていました。今でもこれだけの作品を作られているのに・・・
その向上心、見習わなくては。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-30 06:43 | 音楽・Art
昨夜は、今シーズン初の「おでん」にしました。
親戚の畑を借りて相方たちがやっている家庭菜園(なんていう規模ではなくなってきている・・・)で収穫した大根で作りました。
大根はその名も「おでん娘」。いかにもそれ向き、って感じでしょ?
園芸店の種売り場に行くと、それはもういろいろな種類の大根の種が売られています。一口に青首とはくくれません。

まだ本格的シーズン前の収穫だったので、やや小ぶり。今回は2本使っちゃった。あとは練り物と結び白滝。おっと、忘れちゃならない、ゆで卵も入れました。

c0124776_6204051.jpg


うん、これぞJAPANESE SLOW FOODよね♪

昨日はバイトで早い夕食を摂るRINGOのために早くから仕込みを始めて、写真はそのRINGOが食べる直前のもの。うむ、見た目はまずまず、かな?
この時点では、私好みの薄味に仕上がっていました。

が、しかし。ここからがいけなかった・・・・・・

もう少し煮込んだほうがいいかな?と鍋をとろ火のストーブの上に乗せた状態で義母に任せて、整形外科のリハビリに40分ほど行っている間に・・・・・・
悲しいかな、思いっきり煮詰まって、味が濃~くなりすぎてしまいました。ショックぅぅぅぅ!!

とてもおいしい、とは思えない。濃い味好みの義父にはウケましたけど。味が濃ければなんでもうまい、という人にうまいと言われても・・・・・・
スローフードもやりすぎはやっぱりいけませんね。以後、気をつけたいと思います。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-29 06:27 | 食べものいろいろ

久しぶりのランチです

昨日は久しぶりで友人とランチに行ってきました。
出かけたのは、白鳥(しろとり)庭園の北隣にある「白鳥物語」という自然食レストラン。
以前、近くのファミレスに行こうとして道を間違えたとき、偶然通りかかったときから気になっていたお店です。
ネット検索してもお店のHPはなく、出かけた人のブログにヒットするだけですが、お店の評価はまずまず。
そこでランチ仲間に提案したところ、そのうちの一人が一度行ったことがあり、なかなかよかった・・・ということで今回そこになりました。

前菜ビュッフェはお惣菜などのバイキング。友人ふたりはその前菜ビュッフェとドリンクバーのセットを、そして私はそれプラス徳島のブランド鶏「阿波雄鶏」のソテーの「白鳥物語」というセットにしました。
以前新聞で、そのソテーの皮のパリパリ感がいい、と読んだため。大好きなんですよねぇ、鶏皮のパリパリしたのって・・・・・・

このところ胃の調子がいまひとつなので、メインの前は控えめにしよう・・・とビュッフェからお惣菜をちょこちょこと盛り合わせてきました。
c0124776_6263519.jpg

ご飯は玄米ご飯。もちろん、コシヒカリの白米ご飯や、天然酵母のパンもあります。
写真には写っていませんが、豆乳仕立てのクラムチャウダーも少しよそってきました。赤出汁もありましたっけ。

お惣菜は違うものもあとから出てくるし、お蕎麦やとろろ、たまごかけご飯が出来るように生卵もあって、友人のひとりはご飯のバリエーションを楽しんでいました。

そして、私のメイン「阿波雄鶏」のソテーの登場。
c0124776_630236.jpg

写真でもわかるでしょ?皮のパリッとした焼け具合・・・
付け合せの黄色いもの、これは訊いたところニンジンというお答えでした。でもあまりニンジンらしくない味でしたねぇ。

どの料理も薄味で、おいしい。
お惣菜はどこの家でも作る家庭料理なのに、こういうところでいただくとなんだか特別に見えますよね。

メインでお腹がかなりいっぱいになり、あとはデザート(5種類ほどありました)とコーヒーで締めくくり。あまりお惣菜の種類をいただけなかったので、次回はメインを外すことにしましょう。
ヘルシー志向のHEICOや相方なんかと一緒に、また訪れたいと思います。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-28 06:35 | 食べものいろいろ
名古屋あたりでも、街路樹などが色づいてきました。
歩いて一分もあれば入口に着いてしまうご近所公園で、犬の散歩がてらの紅葉狩りです。
c0124776_629556.jpg
c0124776_630421.jpg

この二枚は数日前、とてもよい天気だったときのもの。
昨日のほうが、木々の色づきはよかったのですが、あいにく空がぼんやりとして、あまり綺麗には写っていません。
c0124776_6315348.jpg
c0124776_632748.jpg
c0124776_632161.jpg


一番最後の写真などは、いつも行く公園がまるで別の場所のように思えます。
写真として切り取られた風景って、思いがけない表情を見せてくれますね。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-27 06:34 | 季節の行事・話題
年末がどんどん近づいてきます。情け容赦もなく・・・というのは大げさですが。
年末にしなくてはならないことのひとつが、お歳暮の発送。
毎年、早めの11月初旬にデパートに出かけて手配をします。もちろん、相手方に着くのは来月に入ってから。

そして、11月末までにそのお歳暮の送り状を書いておくのが、忘れちゃならない仕事。
送り状は簡単にハガキで済ませますが、いつもは市販の絵葉書にしているところを、夏のときにも作った消しゴムはんこ、あれを彫って捺してみました。
c0124776_6345443.jpg


一応、蕪、なんですが・・・ちゃんとそれらしく見えるかしら?

ハガキは絵手紙用のものを使用。でこぼこ加減がいいですよね。
ただし、この紙は筆にはいいけれどペンにはちょっと・・・ペン先が紙に引っかかるんです。文章を書くとき、何度かつっかえて苦労しました。

一応書き上げたので、あとは30日に投函するだけ。次は年賀状よね。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-26 06:38 | ちょっとだけ手作り
昨日ローカルニュースを見ていたら、来年の干支の置き物つくりの話題が続けて二つ放送されました。
ひとつは、飛騨高山の一位一刀彫の、そしてもうひとつは伊勢神宮の桐の置き物でした。

そうか、もう「金のブタ年」とも言われた亥年も終わりが近づいているんですよね。「ぶたまねき」家では相変わらず金には縁がなかったけど・・・・・・

来年は娘のHEICOが年女です。へぇ~、もう24なんだ。全然実感ないけど。
見た目的には20歳のころからほとんど変化ないですもんね。24といえば、私が相方と付き合い始めたころ。昔風にいうと結婚適齢期というやつです。
今じゃすご~く早く結婚する人もいれば、思いっきり晩婚の人もいるので、行きたいときが適齢期、ということでしょうね。

で、来年は子年。ネズミさんの年です。
TDLは25周年なんですか?HEICOがそんなことを言っていましたが、そういえばミッキー&ミニーはネズミさんでしたわね。
ここで忘れちゃいけない「トムとジェリー」のジェリー。私はミッキーよりジェリーが好き。
するとHEICOが、トッポ・ジージョもいるじゃない、と。そうそう、あの子もかわいいですね。

そして、もう一人(一匹?)忘れちゃならないネズミキャラが。

それは、NHKの「おかあさんといっしょ」の「にこにこぷん」に出ていた「ポロリ」。
ピーマン嫌いでいつも「よよよ」と泣いていた、ネズミキャラの中ではもっとも情けないキャラクターではないかしら?

うちの子どもたちはしっかり、この「にこにこぷん」のお世話になっていました。
一度、NHK名古屋の放送局公開日に出かけたことがありました。
まだHEICOもRINGOもとても小さい頃で、「にこにこぷん」の3人(3匹?)の着ぐるみがいたのに、なぜか怖くて近づけなかったんですよね。まだ、古い建物だったころの懐かしい思い出です。本人達はほとんど覚えちゃいませんが。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-25 11:25 | えとせとら
昨日、久しぶりに「お気に入り」に入れてあるYouTubeの動画を観ました。っていうより、聴きました。
Paul Potts(スペル合っていたかしら?)という一見冴えない男性が、イギリスのテレビ番組でその素晴らしい歌声を披露したものです。
何度聴いても、胸がじ~んとして、心なしか眼もうるうるしそう・・・・・・

ずいぶん関連の動画がアップされていて、それらもついでに観るうち、ちょっと面白い動画に当たりました。
動画を貼り付けようとしたのですが、うまくいきませんでしたので、リンクだけ貼っておきます。
エッシャー好きな私は、この手のだまし絵みたいなものが大好きなんです。
音楽もなんだかアナログっぽくていいなぁ・・・
これに、いかにもテクノ、っていう感じの曲だと、それほどいいと思わなかったかもしれません。

こんなのもいいよ、なんてのがあったら、ぜひコメントしてくださいね♪
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-20 15:06 | 音楽・Art
今日は9年前に亡くなった父の祥月命日です。
穏やかな小春日和の午後にこの世を去りました。
ちょうど一週間前の9日は、母の祥月命日で、そんなに仲がよいとも悪いとも思えない、淡々とした夫婦だったのに、同じ頃に亡くなるなんていうところが面白いですね。

両親ともいなくなってから、小さい頃のように、ちょっと涙もろくなってきました。
昨日も、「めざましテレビ」でやっていた「旅立つ日」という歌とアニメを見ていたら、もういけませんねぇ。涙ぼろぼろでした。
YouTubeで見られますので、ご存じない方は検索してみてください。

たまに思いっきり泣くのは、心の大掃除になるんですよね。
ストレスが溜まったり、心が塞がったりしたときには、感動できる映画やDVDなど見て、ひとり思いっきり泣いてみるのもいいものです。

昨日は家族の前だったから、ちょっと思いっきりは泣けませんでした。でも、心の小掃除?くらいにはなったかも。

そうそう、最近幼い子やかわいい動物を見ても、胸がじ~ん・・・とすることがあるんですよ。
こういうのって、更年期のせいなのか、それとも季節のせいなのか・・・・・・
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-16 11:30 | 音楽・Art
本当はもっと早く更新したかったのですが、今日は午後3時過ぎまで現場仕事をしていました。その後は夕食の準備もあって、やっと今パソコンの前に座っています。

昨日は、日本に里帰り中のブログ友、い~ママさんご一家に会うため、名古屋駅まで出かけてきました。
ご主人のい~パパさん、息子のい~くんとともに海外に駐在していらっしゃるのですが、今回は遅い夏休みを楽しむために一時帰国をされていたのですが、到着出発ともセントレアから・・・ということで、初めてお会いすることになりました。

あちらは私の顔はもちろんご存知なく、私もわかるのはブログで見るい~くんの顔くらい。
すぐわかるかとちょっと心配だったけれど、待ち合わせ場所へエスカレーターで降りてきたい~くんはすぐにわかって、あ、よかった♪

正直、こんなオバサンが若いご夫婦と話が合うのかしら?と少々心配でしたが、まったく問題なかったですね。というより、あちらがあわせてくださったのかも(多分そうね:笑)。

なんといってもかわいかったのがい~くん!
HUGしてくれるしほっぺにCHU~もしてくれるし・・・もうオバサンはメロメロですぅぅぅぅ・・・☆
い~ママさんは、どことなく義妹に雰囲気が似ていて、とても親近感が持てました。い~パパさんは子煩悩のナイスパパ、といった感じ。

さて、どこへ行きましょうか?
名古屋に住んでいてもあまり詳しくない私。ここはやっぱり近くの新名所、ということで、駅前にあるミッドランドスクエアのスカイプロムナードへ行ってみることに。

地上46階から44階にある空中回廊はオープンエアで、昨日はよいお天気でもあり、とても気持ちがいい。
ちょっと靄がかかって、遠くの山並みがぼんやりしか見えなかったのがちょっと残念でしたが・・・
ここから見ると、名古屋城もなんだかとても小さいですね。
c0124776_631618.jpg


そして、向かい側にあるタワーズもちょっと見下ろすような感じ。こういう視点で見るのは初めてだな・・・
c0124776_6321068.jpg


この写真には写っていませんが、ちょうどタワーズでは窓掃除をしていました。ゴンドラに3人くらい乗っていたでしょうか。うぅぅぅん、怖そう・・・・・
い~くん、い~パパさんの二人は、まるでジオラマのような風景のなかやってくる電車や新幹線にしばし釘付け。やっぱり「オトコノコ」よね(笑)。

c0124776_17273123.jpg

44階にあたるフロアから、プロムナードを見上げてみました。ここのほうが景色が広く感じられます。ガラスから離れて景色が見られるせいでしょうか。

スカイプロムナードやミッドランドスクエアで感じたのは、案内表示やエレベーターのボタン表示が少しわかりづらいな、ということ。もしかしたら、歳のせい!?いや~ん!

その後、お茶でも・・・ということになりましたが、さてどこにいたしましょう?
ここで、ネットで事前調査をしていたタワーズの51階にあるカフェへ行くことにしました。おぉ、またまた「おのぼりさん」ね。

以前はタワーズのこの階にも展望施設があったのですが・・・
私は一度も訪れることなく、今ではビューティーサロンやカフェなどになってしまった、というわけです。

さっきまでいたミッドランドスクエアを望みながらのお茶。窓際はあいにく空いていなかったのですけどね、横目で見ながらのティータイムを楽しみました。

タワーズの一階でお別れするときには、い~くんがまたHUG&KISS☆あ~ん、家に連れて帰りたい!
ますます、早くこんなカワイイ孫がほしい・・・と思っちゃった。以前、同じ事を言っていた年上の男友達がいて、そのときはそんなものかな・・・と思ったのにねぇ。考えてみたら、今の私は当時の彼と同じくらいになってしまった。月日の流れるのは早いわね。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-14 17:46 | えとせとら
最近では昭和40年代の曲まで「懐メロ」の範疇だったりして、そんな頃の曲を集めたテレビやラジオ番組の放送があったり、CDが売られていたりします。
私たちが若かった頃、というのは、もうすでに遠い過去になりつつあるのかな・・・と、ちょっと寂しい気がしますね。

先日、朝の家事をしているときに、そんな頃の懐かしい曲が流れてきました。そういえば、確か去年も今頃この曲が流れたっけ。
その曲は「い・に・し・え」。歌っていたのは「日暮し」という男性二人女性一人のグループです。
この曲がヒットしたのは、昭和52年(1977)とのこと。あら、私が今のRINGOくらいの年齢よねぇ。
ご存知ない方のために、歌詞を載せようか・・・と思いましたが、著作権とやらもあることなので、リンクを貼っておきました。

ボーカルの女性の声がとても魅力的でね、フォークなのかニューミュージックなのかよくわかりませんが、今聴いても心に響くものがあります。

歌詞に、「遠いいにしえの恋の想い出」とあるのですが、この「遠いいにしえ」とは、どれくらい過去のことなのか・・・・・・
眠れずに昔の写真を出して見たり、昔の手紙を読む・・・なんてところは、現代なら、携帯のデータに保存してある(もちろん、シークレットで)写真やメールを見る、といったところでしょうか。

でも、昔の恋を想い出して揺れる女心は、きっと今も昔も変わらないと思う。
という私もねぇ、たま~にですが、写真をこっそり出して見ることがあったり、するんですよ。50歳近くになっても、やっぱり切なくなっちゃいますね。

これからの季節に相応しい好きな曲に、ユーミンの「かんらん車」があります。
彼女の歌のなかで、秋と冬の歌のなかからチョイスしたCDが出たようですが、そのなかにも入っています。
静かなバラードで、聴いていると、冬ざれた街の景色が浮かんできます。歌詞はかんらん車 松任谷由実 歌詞情報 - goo 音楽
をご覧ください。

この曲の場合は恋人と別れた直後の歌で、心の傷がまだ生々しく痛々しい・・・

夏の頃の、火傷しそうなアブナイ恋の歌とは違って、秋から冬にはこんな歌がいいなぁ♪
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-11-10 18:15 | 音楽・Art