しょもないコメントが頻繁で、残念ながら更新を終了しました。


by yukiko-casa-nuova
カレンダー

<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

綺麗に晴れ上がりました。お洗濯日和になるといいのですが・・・どうでしょう?

昨日、映画についての話をしましたが、ジャック役のジョニー・デップって、作品ごとにまったく違った貌を見せてくれますよね。う~ん、これぞ「役者」。

と、ここでふと思う。

ジョニー等のことを普通「俳優」と呼び習わしますが、この「俳優」という言葉、一体いつ、どこで、誰が言い始めた言葉なんだろう???

古典芸能では、能楽師、狂言師、歌舞伎役者、などなどと言っていますよね。
私が思うに、これはおそらく新劇が始まった頃、松井須磨子とかの時代よ、あんな頃に言い始めたのじゃないのかしら。
(注:これはもちろん、何の確証もない、ゆきこの私見です)

ここで、「俳優 語源」と検索してみました。
すると、面白いブログにヒット。
このブログに書いてあることもどこかで調べたものなので、リンクは張りませんが、まず驚いたのは「役者」は「厄者」、つまり「厄介者」である、ということ。へ?
それも、卑弥呼の昔からあった、というからオドロキ!

さて、話を「俳優」に戻しましょう。
これについては「人に非ず優れたるもの」が語源、とそのブログに書いてありました。これも、へ???
そこで、この「人に非ず・・・」を百科辞典検索したら、「非人」が出てきて、話は部落開放運動にまで広がりそうになってしまったので、ここでストップして。

それでは、と、漢和辞典を引いてみました。漢和辞典、あまり出番がない地味~な存在ですが、漢字のもつ元々の意味を調べるのはやっぱりこれでなくてはね。

すると「俳」の文字に「芝居」や「役者」という意味があったのでした。なぁんだ!至極ごもっともな結論でしたね・・・
ちなみに、他に「廃する」とか「うろつく、あちこち歩きまわる」という意味も含んでいました。

私としては、「俳優」という表現より「役者」というほうが、その役になりきっている感じがして好きですね。ジョニーはまさにそんな感じ。出る映画によって印象がまるで違うんだもの(といっても、他の作品は予告編をちらりと見る程度ですが)。

あまり映画は観に行かないのですが、ひとつ気になる映画が。
それは「憑神」。といってもホラーものではありません。コメディーなんですって。
原作は浅田次郎ですもの、きっと楽しいに違いありません??
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-31 06:11 | えとせとら

職人はこだわりの塊

空を覆う雲の切れ間から、時折日差しが覗きます。今日は油断のならないお天気だそうです。にわか雨と傘の置き忘れにご用心、ですね。

一昨日「発火」したHEICO、昨日になって体温は平熱になりましたがまだ頭痛や筋肉痛などが残っていて、仕事はお休み。
でもずいぶん元気になったので、午後からは「パイレーツ オブ カリビアン2」のDVDを観ていました。

先週末、公開初日の「ワールドエンド」を観る前にも「復習」のために観ていた彼女。あら、また観るの?

連作なので、前作にもいろいろな謎が隠されているらしいのです。日曜にはテレビで「呪われた海賊たち」も観ておりました。

私は新作は観ていませんが、1と2を比べたら、2のほうが笑えるシーンは多かったですね。
もちろんCGとの合成場面もありますが、かなり俳優さんたちが身体を張っていたことが、ディスク2に収録されたメイキングで判りました。彼らも「肉体労働者」なのね(笑)。

このディスク2に収められている、衣装や小道具さんなど、スタッフの仕事ぶりがまた面白くって。そちらのほうに興味津々。
たとえば、銃などはアンティークのものを探してきたり、アクションのとき、俳優たちに負担のないようそっくりのゴム製コピーを作ったり。
衣装も、当時のころのデザインでも素材は軽くして、紐1本にもこだわったことを熱弁(笑)。

昔のようにDVDなどなかったころ、こんな「裏の話」が公になることはなかったですよね。
でも、当時も今と変わらず、裏方さんたちはこだわった仕事をしていたはず。う~ん、熱いなぁ・・・・・・

ひとつ気になったのが、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップの「顎髭」
彼は髭が薄いので付け髭なんだそうですが、すごくよくつく接着剤で付けるので、撮影中はずっとつけたままだったとか。
その「強力接着剤」をいったいどうやって剥がしたんだろう・・・・・・?????
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-30 06:15 | 仕事
うす雲があるものの、なんとか晴れています。

いけませんわ~、20分寝過ごしました。朝の20分はどえりゃあ大きいでいかんわぁ・・・・・・

一昨日「発火」したHEICOの熱、昨日はMAX38℃で、彼女自身も少し熱慣れして?きたようです。
インフルエンザではないそうですが、よく原因がわからない、とのこと。う~ん、何なんでしょうね???
ひとつ私が疑っている病名があるのですが・・・素人判断ではいけませんのでね。熱のわりには元気なのが救いです。

「発火」のおかげで行くのをやめて知り合いに譲った野球の交流戦のチケット。いや、行けなくてよかった!!ぼろ負けでしたもの・・・と家族で慰めあいました(笑)。

さて、これから暑くなるとおいしいのが冷奴。ちょっと写真がピンボケだなぁ・・・・・・(汗)

c0124776_623911.jpg


いただくときに欠かせないのが薬味の数々。
ショウガ、葱、ゴマ、削りカツオ、なんてところが定番でしょう。

この写真にかけたもの。ゴマのように見えますがちょっと違う。
先日旅行したときに買った「ソバ茶」です。

私はポリポリカリカリとしたクリスピーな食感のものが大好き!
普通はお湯をさしていただくもので、これをそのまま食べよう、なんて思うのは私くらいのものでしょうか?
だまされた、と思って一度食べてみてくださいな。こんがりと香ばしいのですよ~♪あられの類の好きな方なら、きっとお気に召すはず。

この日はあと、刻み葱とわさびに出し醤油をかけていただきました。ゆずこしょうでもイケそうです。

このソバ茶と塩をご飯にふりかけて食べるのが最近のマイブーム。
お塩も旅行で買ってきたもの。
食べるたび、また出かけたいなぁ・・・としみじみ思います。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-29 06:30 | 食べものいろいろ
清々しい朝を迎えました。一昨日の黄砂もきれいさっぱり、です。
昨日は九州で「猛暑日」(新しく気象用語に加えられたんですってね)を記録したそうですが、名古屋ではそこまで気温は上がりませんでした。

昨日夕方、友人宅から戻ったHEICO、「微熱がある」と言っていたのですが、夜になって「大発火」(我が家では発熱すると「発火」と言っております)しました。38.8℃だって。おぉ~!!
頭と節々が痛い、という症状。それって、インフルエンザみたいじゃないのよ!
世間でははしかが大流行していますけれど、とりあえず発疹は出ていません。今朝はまだ様子を見ていませんが・・・

今日は相方と私、そしてHEICOの3人でプロ野球交流戦をナゴヤドームへ観に行くはずだったんです。さて、どうなるんでしょうか???

昨日は、親戚に土地を借りてやっている畑の草取りに、相方と行ってきました。
場所は名古屋市のお隣、東郷町。我が家から車でおよそ1時間。
義母のいとこの休耕地を借りています。もちろん、ただ。もう少し近ければ、なおいいんですけど・・・贅沢は言えませんね。

我が家は全般的に「芋好き」。なかでも、相方と義父の一番のお好みが里芋です。
連作はよろしくないので、場所を変えながら毎年作っています。今年は品種を「土垂」1つに絞りました。去年作って、おいしかったのよね。手がかなり痒くなるのが玉に瑕ですが。
その里芋畑の草取りに出かけた、というわけ。

ところがねぇ、その親戚もそうなのだけれど、今年は里芋の芽だしがよろしくありません。
葉が出たのはひとつだけで、あとは芽がちょっとだけ出た、というのが5~6箇所。

c0124776_6181388.jpg


日差しを遮るもの何もなし、の畑で、しっかりと農家のおばさんスタイルで草取りを2時間ほどいたしました。
幸い心地よい風が吹いていたので、恐れていた(笑)ほどには暑くなくてよかったです。やっぱり真夏とは違いますね。周りが地面、というのもいい。

里芋のほかにはジャガイモ、スイカ、カボチャ。そして、いただきものの五寸ニンジンなどのタネが蒔いてあります。

c0124776_6183546.jpg


これはジャガイモの花。品種は「北海こがね」です。私の大好きなジャガイモ。あと、「男爵」や「メイクィーン」、「出島」など。

昨日くらいの陽気で2時間ほどの仕事なら、私でも「楽勝」。
こんなのは、本職の畑仕事とは比べ物になりません。畑でのレクレーションよ。略して「畑レク」。

収穫が楽しみですが、そのときは暑いのよね・・・

もしも、田舎暮らしをするとなると、やっぱりちょっとは畑仕事がしたいもの。今から少しずつ練習、ですね。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-28 06:17 | 暮らしのこと

季節の花たち

今年もRINGOのシンボルツリー、トキワヤマボウシの花が大きくなってきました。
ハナミズキと同じ仲間のこの木、花びらのように見えるのはそうではなく、苞(ほう)といいます。

c0124776_2015849.jpg


白い苞が朝日を反射して、「女優ライト」を浴びたみたいですね。


そして、私の大好きなアマチャ。アジサイの仲間です。

c0124776_2034332.jpg


タイサンボクの花も咲き始めて、よい香りが漂っています。来月にはクチナシも咲きますね。楽しみです。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-27 20:05 | 花・植物
晴れています。
でも、昨日もそうでしたが、黄砂で空は青くありません。ぼ~んやりと紗がかかったような色をしています。
一週間前の売木の空と比べると・・・寂しい。

昨日の台所のリフォーム、大工さんが他の現場と掛け持ちだったために予想より時間がかかって、午後4時前にやっと完了。
それまでなんだか落ち着かず、若干暇を持て余していたのに、大工さんたちが引き上げてからは大忙し!
もしかしたら、冷蔵庫も電源を切らなければならないかも・・・と思って、あらかじめ最低限のものを「避難」させていたので、この際中の掃除もしたいし(わかっちゃいるけど、なかなかできないのよ。一度には・・・)。

だいたいもとの状態に復帰させたころには、なんだかとっても疲れちゃって。夕食を作る気力が失せて、お寿司の出前を取って楽をしちゃいました。

最近はスーパーなどでパックになったお寿司をたくさん売っています。うちの近くの大手スーパーでも、3つの別の会社が作っています。
そのうち、ちゃんと?手で握っているのは1社。他は多分ネタもご飯も冷凍ものでしょう。
「水産の男」RINGOも、去年の暮れにはそういう冷凍ものでの寿司の制作を手伝ったらしい。
彼でもできちゃうんだから、ねぇ。

ちゃんとした職人さんの握るお寿司はやっぱり違う。ネタがまず違うし。
うちが出前を取る寿司屋さんは小ぶりにきゅっとシャリを握ってあって、仕事ぶりもきれいなの。

さて、新しくなった台所の床。
一見フロアリングのようですが、歩いたときの感触が違いますね。靴下ごしでもわかるの。
冬場はひんやりしなくていいと思いますが、なんだか「偽物」って意識が抜けないな。

そして、この際一気にいらないものを処分!と思っていたのに、実際に減らしたものはかなり小数。
いざとなると「思い出」とか「未練」とかがでしゃばって(笑)くるのです。う~ん、これって、好きだったひとをあきらめるときに似ている、すご~く・・・・・・

今日は午前中、相方と「畑デート」。
普段私はあまり行きません。相方と義父、そして仕事を手伝っているオジサンが「一軍」。私なんか「二軍」の補欠くらい。
どうしてその二軍の補欠が行くか、というと、オジサンは日曜でお休みだし、義父は腰痛がひどい。歳もあるけど。

相方ひとりでいけないこともありませんが、彼、ただ今右腕を傷めていて、仕事もあまりできない状態なんです。
そんな状態で畑仕事なんて・・・と思うのだけれど、植えてしまったらやっぱり手入れをしないとね。

たまにこういう畑仕事を手伝うことで、将来田舎ぐらしが実現できるかが試される、というものかもしれません。
紫外線指数の高い季節、UVカットは万全にしないとねっ!
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-27 06:33 | 暮らしのこと

瓢箪から駒ケ岳?

昨日は一日中降られましたが、今日は朝から晴れています。

ちょっと時間があったので「走り書き」。

昨日は、今日のリフォームのための下準備として、冷蔵庫など、簡単に動かせる家具の裏側などを掃除しました。
ひとりだとイヤになっちゃうけれど、相方に手伝ってもらって。ふたりだと効率もいいですね。

予想はしていましたが、冷蔵庫下の床と言ったら!!うぅ~、思い出したくもない・・・・・・(笑)

さて、ちょうど一週間前旅行に行った売木村。相方は非常にお気に召したようで・・・
そこへ、トラックの「車庫とばし」が年内に必要、という事態が発生したため、その気分は一気に「熱」となってきました。マジかよ~!?!?

とにかくネット検索をするうち(といっても、相方はパソコン不慣れなため私が代行)、愛知県からIターンをされている方のブログに到達し、コメントを入れたら情報を提供してくださいました。(ウーパーさん、ありがとうございます!)

しかし・・・・・・

ヒートアップしている相方の横で私は少々複雑です。
これ「瓢箪から駒」じゃなく、「瓢箪から駒ケ岳」って気分よ、私にとっては。

まず、いったいどこに土地を買うお金があるんだ???
すぐそこに住む、というわけではないものの、この相方の勢いだといずれはそうなりそうな予感がするのだけれど、相方はともかく、私はうまく適応できるだろうか、田舎に・・・・・・

なんて心配するのは「獲らぬ狸の・・・」というヤツでしょうか。現実味を帯びてきたら熟慮しましょう。
何事も勢いが必要ではありますが、相方の「暴走」だけは止めたいですね。
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-26 06:07 | 暮らしのこと
久しぶりの雨です。一週間ぶり、かしら?今はやや強めに降っていますね。

ただ今花粉症最高潮のシーズンです。雨降りは花粉が飛びにくい、といいますが、杉や桧じゃないのでね(多分雑草の類)、あまり関係ないみたい。現に今も鼻がグズグズしております。

ちょうど一週間前、台所や居間の床が泣くので大工さんに来てもらいました。
泣き止ませていただきましたが、ついでに台所の床にフロアクッションを敷くことにして、それが明日行われます。

ゆえに、台所の食器棚や冷蔵庫等、大物を移動させなくちゃなりません。
なにしろ、食器って重いですからね。それに割れると危険ですから、あらかじめあまり使わないものから運び出しているわけ。

それが、いくら出してもなかなか出し切れない。
普段、そんなにたくさん食器があるとは思えないのに、出しても出しても、あら、まだあったの?って感じなんです。

冷蔵庫の中身もなんとかしなくっちゃ。
幸い、我が家には仕事用に同じサイズの冷蔵庫があるのでそちらに移動させて、入りきらない分はクーラーボックスに「一時預かり」して。

台所だけでこんな具合なんだもの。これが本当の引越しだったら・・・・・・と思うと、そら恐ろしい(笑)。
転勤族で何度も引越しをされた方には笑い話かもしれませんけどねぇ。

この際だから、縁が欠けたままガマンして?使っていた食器を大処分しようかと考えています。ちょっと欠けただけだと、そのまま使い続けちゃうでしょ?ビンボー臭いと思いつつ、それこそ「もったいない」ので・・・

次回の不燃ゴミの袋は超重量級になりそうです。係りの人が怪我をしないように、気をつけて出すことにしましょう。

そんな具合で、明日は朝から忙しくなりそう。ブログは多分お休みになると思います。
私の週末は出したものを元に戻す作業で終わっちゃいそう。先週とのギャップが激しいなぁ・・・
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-25 06:21 | 暮らしのこと
晴れています。昨日同様、今日も暑くなりそうです。

昨日で終わったつもりでいたら、ちょっと書き忘れがありました^^;
ま、おまけのお話です。

2日目、売木村から平谷村へ戻ったのがちょうどお昼時。
153号線の平谷の交差点から少し売木方面へ戻ったところにある「岩魚の里」という釣堀で、フィッシングを楽しみつつ食事、ということになりました。

本当は私、今イチ気乗りがしなかったんです。
だって以前、すご~く金額が嵩んだという記憶があって・・・
大抵釣った魚は全て買い取り。釣れるのは嬉しいけれど、財布が悲鳴を上げちゃうもの。

ここでは釣竿1本餌付きで200円。お店のおじさんが二人で1本でいいよ、と言ってくれたので、2本借りて、いざ、岩魚と勝負!!

と思ったら

糸をたらした途端、ものすご~い勢いで岩魚が喰らいついてくるんです!え?え!?なんなの、これ~!!!???

試しに、とRINGOが餌もつけずに挑戦しても、すぐにひっかかるんです。自殺行為よね、これって・・・

あとでおじさんに聞いたところ(いや、彼らが自ら話してくれたのだった)、今の時期は、活動期に入っていて、ものすごい食欲なんですって。
これが夏以降はすっかり動きが鈍くなって。
水温が20度を超すと死んでしまうらしい。う~ん、難しい魚なのね。

なかの一尾が餌を喉の奥まで飲み込んで、針がなかなかとれなくなってしまいました。
そのうち血が出てきて、魚は暴れるのでその血が飛び散り、私のお気に入りのスプリングコートの袖口についてしまいました。きゃ~~~~!!

ここは手馴れた相方が(彼は釣り好きなの)針を外してくれましたが・・・新鮮すぎて元気がよすぎますわ・・・

その後は、RINGOが恐る恐る(笑)針を外してくれました。HEICOだったら絶対にやらないわね。さすがは「水産」の男!

以前なら生きた魚を触る、なんて考えられなかったのに。
これというのも、彼のバイトが関係しているのです。
彼は学校から帰ると、食事を摂って大急ぎでスーパーのバイトに出かけます。
彼の持ち場は「水産」。つまり、魚介類や塩干の類ね。
もう半年ほどになりますが、魚をさばいたりはしないけれど、触ったりはするので、ちょっと慣れたみたい。でも、生きた魚はほとんどないはず。
彼に確かめたところ、ヒレにひっかかった針を外すくらいが限界、だったそうな。あはは、やっぱりね。
相方のような野性味たっぷりのオトコとは訳が違いますわ。本当に父子??

さて我々、釣りすぎてドツボにはまってはいけないので、MAX8尾まで、とあらかじめ決めていました。
こんな具合なので、あっと言う間に釣れちゃった。これなら始めっから塩焼きを頼んだほうがよかったくらい。
全部炭+薪で塩焼きにしてもらって。刺身も出来るのだけれど、一尾500円もかかっちゃうもの。
あと、五平餅も2本頼んで、分け合っていただきました。
よくあるこげ茶色のたれでなく、信州味噌をベースにした白っぽい色のたれでしたが、さっぱりめでおいしかったです。
もちろん、主役の岩魚は最高!でした。大きめのものばかりだったのですが、綺麗に残さずいただきました。

さて、恐怖のお支払い(笑)。
竿代が400円、塩焼きの手数料が8尾×100円で800円、魚の買取が100g350円で重さが1.4kgで4900円、五平餅2本で500円で、計6600円也、でした。これくらいなら許せる範囲ね。

残念だったのは、みんな釣りなどに熱中(というほどの時間もかからなかったのに)したためか、誰一人写真を撮っていない、ということよ。だめじゃ~ん!!
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-24 06:10 | 旅行
今朝も晴れています。暑くなりそうですね。

旅行二日目、宿を出て、旅館のスタッフに教えてもらった丸畑渓谷、というところへ出かけることにしました。
車で10分ほどだったのですが、教えられたとおり、途中から道が細くなり、対向車がもし来たらどうしよう!???状態でしたが、無事お見合いすることなく(笑)到着。なにしろ、退避場所もないんだもの。

c0124776_6214320.jpg


こういうところに来るとやたら元気がよいのが相方。野生の血が騒ぐのね(笑)。しっかり川岸まで下りていきました。
普段ならしり込みするRINGOも珍しくお付き合いしていましたね。

c0124776_6233667.jpg


c0124776_6235645.jpg


リンク先に書いてある「日照の滝」へは、かなり行程が厳しそうなので断念しました。
相方は「俺ひとりならいいけど、お前じゃ無理」みたいなことを言いましたのよ。事実、そうだろうな。

また村の中心部へ戻って、ふるさと館でお土産を物色。
土地で採れたワラビやウド、しいたけが涙もののお値段で売られていました。買わずにはいられないわ!
ワラビのアク抜きにちゃんと灰もつけてくれる親切さ。都会ものはやり方もわからないだろうからと、おじちゃんがいろいろレクチャーしてくれましたし。田舎のひとって親切よね♪
しいたけもこの辺りのものは原木栽培です。大きくてジューシーでした。

隣接する平谷村や根羽村に比較すると、大きな国道が通っていないためか人の行き来が少ない。夏場はまた違うのかもしれませんけど。
長野県というと観光が主要産業ですが、全ての自治体が公平に恩恵にあずかっている、というわけではないのですね。
平谷や根羽みたいに商売上手じゃなくていいから、こういう素朴な雰囲気がいつまでも残っていてほしい・・・というのは、旅行者の勝手、というものですね。

売木から平谷へ戻る途中、平谷峠で景色を堪能。南アルプスが綺麗に見えております。
相方は若かりしころ、南アルプスを北から南へ縦走した経験の持ち主。
c0124776_6384564.jpg

ほら、ここでも姉弟仲良く並んでるでしょ?(笑)

根羽村の「月瀬の大杉」にも立ち寄りました。
長野県一の大木なんだそうです。幹まわり14m!
c0124776_6365793.jpg


これは倒れた幹、じゃなくて、大杉の根が伸びているんです。
c0124776_6402917.jpg


ちょっとトトロみたいな精霊が棲んでいそうな感じでした。
c0124776_6412664.jpg

[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-05-23 06:42 | 旅行