しょもないコメントが頻繁で、残念ながら更新を終了しました。


by yukiko-casa-nuova
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

我が家の新語流行語大賞候補’07

とてもひんやりとした朝を迎えています。今日で9月も終わりますが、一足飛びに秋本番の冷涼な空気に包まれました。
今気温を調べたら18℃を下回っています。うぅぅぅぅぅさぶぅぅぅぅ・・・・・・(笑)

一昨日の真夏日とは打って変わって、昨日からとても肌寒い。
日中のほうが朝より気温が下がってしまって・・・11月並みだったそうです。身体がおかしくなっちゃいますね。
その一昨日から、ちょっとばかりおなかの調子がよろしくありません。寝冷えしちゃったのかしら?皆さんもお気をつけくださいまし。

名古屋に住むわが「ぶたまねき」一家。日常会話の標準語はもちろん名古屋弁(笑)ですが、そのほかに、我が家でしか用いられない、言わば「ぶたまねき語」とも呼べるものがいくつか存在します。

以前gooのブログに書いたと思うのですが(MSNかもしれない・・・忘却)、頻繁に使うのが「怒リング」。
そう、「怒り」という言葉にingをつけたのですわ。
どえりゃあ腹が立ってまったがねぇ!!というなどに「怒リング~~~!!!」とやるわけです。

それから「涙のビンボー」。
これは、我が家が発祥ではなく(笑)、私の長姉が言い始めたもので、「涙も出ないほどの貧乏状態」を表す言葉。
最近これに私が少し付け足して、「涙のビンボー炎の赤字」と言っております。
いつも火の車、いや、火の自転車操業状態の我が家の家計と経営状態を、これくらい見事に言い表す言葉は見つからないなぁ・・・・・・(泣)

このふたつは、使い始めてからもうかなりの年月が経っていますが、なかなかオリジナルな「これ!」と言った新語はなかなか生まれないもの。

ところが、今年の夏の家族旅行でRIGNOが放ったこの一言が、我が家の今年の新語流行語大賞の候補?に上がりました!それは

スーパーごろんごろんたいむ

                                というもの。

???と思われた方もいらっしゃると思いますので、ちょっと説明します。

話は遡ること今年の8月。恒例の家族旅行に親子4人で二泊三日で出かけた、その二日目の夕方のこと。
その日の午前中は、横谷峡でちょっとしたトレッキングタイムを過ごした私たち親子。肉体疲労と、バス移動の際にちょっとごたついたりして、ちょっとハラハラしたこともあり、全員が心理的にもお疲れ気味でした。
二日目の宿に到着したのも予定より少々遅くなりましたが、相方はいつものことながら、夕食前に温泉につかりに。
部屋に残った母子3人。和室でごろん、と転がっていました。
このときにRINGOが発したのが「スーパーごろんごろんたいむ」だったのです。
言い得て妙、というところでしょうか。
その後も寝転がるときなどにHEICOが「はい、スーパーごろんごろんたいむ~♪」と言ったりしております。

毎週日曜の朝、ラジオで新語流行語をいくつか紹介していますが、そういう全国的な流行り言葉ではないけれど、親子のコミュニケーションのツールのひとつにはなっています。

しかし、こんなアホな言葉をいくつも使っている我が家って、やっぱり、変?
[PR]
by yukiko-casa-nuova | 2007-09-30 06:39 | えとせとら